Blog
インレーにはエナミック!!
2022.04.20

 

こんにちはワンデイデンタルの平岡です。

今日は、インレーにおすすめの材料エナミックについてお話しします。

 

前にブログで、クラウン(歯を覆うように被せる形態のもの)を入れる場合はジルコニアクラウンがおすすめです。

とお伝えしました。

では、インレー(歯の中に入れ込むような形態のもの)の場合は何がいいでしょう?

答えは歯の中に入れ込むような形態なので

 

歯の弾力や硬さになるべく近く、歯と一緒に動いてくれるものが良いと思います。

つまり、保険の金属やジルコニアだと硬すぎるのです。

 

 

少し前なら私はセラミックを選択していました。ですが、瞬間的な(衝撃)に対してセラミックは弱く噛み合わせが強い方は不意の力により欠けしまうことがあります。

 

エナミックは格子状のセラミックにさらにレジンをハイブリットさせたことにより粘り気がでて弾力を持たせた材料です

エナミックの弾力性は独特ですが、これを加工して入れてみると、非常に噛み心地も良く衝撃にも耐えなじみのよい材料ということがわかりました。

 

また、エナミックインレーの場合の、もう一つの大きな長所は、セレックという機械で作るため一日で治療が終わるということです。

これは麻酔や来院回数が一度で済むこと、仮蓋で過ごす期間がないため

削った部分の食事などによる細菌感染がないことなど、大きなメットがあります。

これは、セレックを取り扱っている(しかも2台も!!!)当院だから

勧めることができます。

エナミックの欠点を唯一あげるとすれば

色が少し合わせずらい事でしょうか?

ですが、最近エナミックにもスーパートランスルーセントという新商品がでました。

これで、透明度があがりエナミックの良さがより増したように感じます。

患者様のお口をみてその人のかみ合わせや、反対の歯

虫歯の範囲によって被せものの種類を変えていきます。

そうすることで、

長期的に安定した

お口の状態を保てます。

お口の中が、白い材料に変わり

見た目もきれいで虫歯予防もできたら

いいですよね?

一般的に保険の金属の寿命は5年ほどと言われています。

痛みはなくても、長年使用することによりセメントが溶け出したり、フロスがひっかかりやすくなってしまうことがあります。

そうすると、細菌感染のリスクがあがってしまいます。

 

長年お口の中にはいってる銀歯はありませんか?

一度、状態が気になるようならワンデイデンタルにお越しください!!

 

Category
Resent Posts
院長 植田貴久
Takahisa Ueda
よりよい環境を創り、歯医者に通うのが楽しくなるように。皆様が笑顔でお帰りいただくために、私たちができることを精一杯頑張ります。