Blog
子供の矯正は、いつからやれば良いですか?
2018.08.31

子供の矯正は、いつからやれば良いですか?

こんにちわ 東京都府中市の歯医者「ワンデイデンタル」です

 

乳歯が2歳半頃上下で20本はえます。
その後幼稚園年長さんからピカピカの一年生になる頃で永久歯へはえかわっていきます。
この頃前歯と6歳臼歯が萌出するとともに中顔面が小学校卒業にかけて大人の八割近くまで発育します。

この発育時の土台となるのが前歯と6歳臼歯なのです。
これらの歯牙によって顎関節窩の形態が形成され、顎の開閉運動に負荷のないスムーズな、ひいては顎関節症になりにくい丈夫な関節へと発育していきます。

御両親でも見つけやすい歯並びの異常は上の歯と下の歯の噛み合わせだと思います。
基本歯並びは上が外下が内側です。仕上げみがきの時にちょっと気にして見てあげて下さい。
お子さんの1番の主治医はお父さんであり、お母さんですよ。