Blog
歯周病治療で使用するエルビウムヤグレーザーについて
2021.10.02
こんにちはワンデイデンタルの平岡です。
すっかり、肌寒くなってまいりましたがみなさんいかがお過ごしでしょうか?
今日は、
当院で主に歯周病治療の時に使用しているエルビウムヤグレーザーについて
お話をします。

現在、歯周病治療で使用されているレーザーは数種類存在します。その中でも、不快な音や振動がせず、麻酔が不要といった点から、頻用されているのがエルビウムヤグレーザーです。

エルビウムヤグレーザーを使用することにより今までの歯周病治療からさらに精密に細菌の死滅を図ることができるようになりました。

エルビウムヤグレーザーの歯周病への5つの効果

1. 歯肉縁下歯石の除去
歯周ポケットの内部にできてしまった歯石を痛みや不快感なく除去可能です。レーザー治療で歯石を除去できるのはエルビウムヤグレーザーだけです。

2. 歯周ポケット内の殺菌
歯周ポケット内の歯周病菌などを殺菌、そして除去することが可能です。菌を減らすことで、治りが早くなり、歯肉は健康になっていきます。

3. エンドトキシンの無毒化
エンドトキシン(内毒素)とは、細菌の細胞壁に含まれる毒物のことです。
細菌を一般的な歯周病治療であるスケーラーなどで物理的に取り除いても歯の根の表面や歯肉には毒が残ってしまいます。
ですが、エルビウムヤグレーザーで歯周病菌を殺菌すれば、エンドトキシンの無毒化も同時に行うことができます。
なので、抗菌剤の服用等も必要ありません。

4. バイオフィルムの破壊
バイオフィルムとは細菌同士が集まってへばりついているもののことです。簡単には洗い流すことができず、新たな細菌を次々と巻き込んでいくものですが、エルビウムヤグレーザーを使用することで、集まった細菌を破壊することが可能です。

5. 歯周外科処置における不良肉芽除去
不良肉芽とは歯周病菌に感染した歯肉のことです。
歯周病治療では状況に応じてこの不良肉芽を切除し、正常な状態へと近づけます。その際、歯肉の切除をエルビウムヤグレーザーで行えば、周囲の組織へのダメージも小さく、また治癒促進効果によって傷の治りが早いため術後もストレスなく過ごせます。

このように、エルビウムヤグレーザーを使用することによって、より精密に歯周病治療を進めることができます。

私も、使用したことがありますが本当に痛みなく、音や振動もなくストレスフリーで受ける事ができました。

エルビウムヤグレーザーは、妊娠中の方や高血圧、心臓病(ペースメーカー)の方でも安心して受けられる治療です。

ご興味ある方は一度ワンデイデンタルにご連絡ください!