Blog
親知らずの抜歯の強い味方!ピエゾサージェリー
2022.04.07

こんにちはワンデイデンタルの平岡です。

今日は、新しく医院に導入されたピエゾサージェリーについてお話しします。

このピエゾサージェリーという機械は主に親知らずの抜歯やインプラントの骨の処置に使います。

親知らず抜歯の際のメリットを詳しくお伝えします。

ピエゾサージェリーは、超音波によって、骨を削ります。絵を描くように自在に骨を削るため、親知らずを邪魔している骨を削る際

タービンで削るより無駄な量の骨切りを行いません。

しかも超音波によって親知らずを骨から浮かせるため、引き抜く力も少なく済みます

 

また、ピエゾサージェリーは直接骨にアプローチするため口の中の柔らかい組織が傷つきにくくなります。

通常の抜歯方法では、口の中の粘膜を始め、柔らかい神経や血管などを傷つけてしまうことで痛みが伴います。

ピエゾサージェリーの、硬いものだけを削り、軟らかいものには影響を与えないという素晴らしい特徴は、親知らずの抜歯に適しているのです。

また、最小限の骨の削合、粘膜を傷つけないという利点は抜歯後の痛みや腫れを抑えるのに十分効果的です。

骨の切り口に与えるダメージが大幅に抑えられるため、傷の治りも早くなります。

 

ピエゾサージェリー使用の親知らず抜歯のメリット

 

  • 超音波振動は粘膜や血管、神経などを傷つける心配がない
  • 手術後の痛みや腫れを抑えることができる
  • 最小限の処置で抜歯できるため、手術時間が短くなる
  • 傷口が小さくて済み、出血も少ないため、感染のリスクが減る

     

    どうでしょうか?このようにピエゾサージェリーを使うとメリットがいっぱいなのです。

    親知らずの抜歯はみなさん不安でいっぱいですよね?

    その術中、術後の親知らずのストレスをすこしでも軽減してくれるのがピエゾサージェリーだと思います。

     

    親知らずを放置しておくことで怖いのは

    手前の歯への影響です。

     

    親知らずの萌えかたによっては手前の歯が大きく虫歯になったり歯周病のリスクがあがります。

     

    当院では、親知らずの抜歯の際はしっかりCTをとり神経との距離、骨の重なり等

    術前にしっかり計測して確認します。

     

    そして、術中は痛みのない麻酔をしっかり効かせた状態で

    ピエゾサージェリーを使い最小限の侵襲で抜歯をします。

     

    もちろん術後管理もしっかり行わせていただきます。

     

    もし、親知らずを抜く予定がなくても

    自分の親知らずがどうなってるか?

    手前の歯は虫歯になってないか?

    気になりませんか?

     

    親知らずについて心配な方はぜひワンデイデンタルにご相談ください。

     

     

     

    Category
    Resent Posts
    院長 植田貴久
    Takahisa Ueda
    よりよい環境を創り、歯医者に通うのが楽しくなるように。皆様が笑顔でお帰りいただくために、私たちができることを精一杯頑張ります。