虫歯治療のアイコン 虫歯治療
虫歯治療のイメージ写真
当院の虫歯治療は、痛みを抑える治療法です

歯医者さんに行くのが嫌な理由は、「匂いが苦手」「音が怖い」などいろいろあると思いますが、一番嫌な理由は「痛い」という方が多いのではないでしょうか。

当院では、この「痛い」を極力なくすために、治療方法だけでなく、麻酔にも気を配っています。

痛みを軽減する麻酔のポイント

1 表面麻酔で注射針のヒリヒリした刺激を抑える

麻酔の前に歯茎に表面麻酔を施します。
これにより、注射針が刺さるときの刺激を軽減することができます。麻酔が怖い方や、麻酔時に緊張してしまう方に効果的です。

2 麻酔液を温めて麻酔を行う

人の体温に近い温度に温めた麻酔液を注入することで、痛みを和らげることができます。

3 細い針を使って皮膚への抵抗を減らす

言うまでもなく、太い針よりも細い針のほうが、皮膚に触れる面積が小さくなります。
細い針を使うことで、皮膚への刺激を減らすことができます。

4 電動注射器でゆっくりと麻酔を打つ

勢いよく麻酔をすると、歯茎が圧迫されて痛みを感じてしまいます。
電動注射器を使えば、コンピュータ制御でゆっくりと麻酔を注入することができるので、刺激を感じにくくなります。

虫歯について

人間の口の中には様々な細菌が生息しています。その中の「ミュータンス菌」が虫歯の原因になります。
ミュータンス菌は、生ゴミを強い粘り気のある物質に変え、歯に付着させます。この粘り気のある物質をプラークといいます。
ミュータンス菌は、歯垢の中で酸を作り、歯を溶かします。
これが虫歯です。

虫歯の進行状況と症状

C1

歯の一番外側のエナメル質に点々としたものがあります。痛みなどの自覚症状はありませんが、歯の色はくすんでおり、薄茶色の場合もあります。

C2

エナメル質の内側の象牙質にまで虫歯菌が到達し、穴が開きます。冷たいもの、熱いもの、甘いもの、酸っぱいもので気持ち悪くなります。
茶色や黒っぽい色になります。

C3

象牙質の中の歯髄(神経)まで侵され、大きな穴が開いている状態です。
ここまでくると、かなりの痛みを伴います。また、独特のヒリヒリとした痛みや刺すような痛みを感じることもあります。

C4

歯冠(歯ぐきより上の部分)がほとんどなく、歯根だけが残っている状態です。根の先端に膿がたまることがあります。
痛みはありませんが、神経が完全に死んでいて、悪臭がします。

TIME IS MONEY!
1DAYセレックリートメント

歯の健康を考えるあなたへ

ワンデイデンタルでは、「おいしい食事を長く楽しむために」という理念のもと、患者さん一人ひとりの「QOL(クオリティ・オブ・ライフ)」を10年、20年先まで見据えています。

あなたの口の中には銀歯がありますか?

過去に虫歯や歯周病の治療を受けた人の中には、口の中にレジン(プラスチック製の詰め物)や銀歯の詰め物・被せ物がある場合があります。
しかし、これらの伝統的な治療法には、二次カリエス(虫歯の再発)のリスクがあることをご存知でしょうか?

詰め物・被せ物をすると、劣化などにより隙間ができ、そこから細菌が侵入して虫歯が再発してしまうのです。
再発しても痛みが出ない場合もあれば、気づかないうちに神経を抜かなければならないほど劣化している場合もあります。

セレックは、そんな虫歯の再発のリスクを最小限に抑えることができます。
この治療では、歯とセラミックを特殊な接着剤で科学的に一体化することで、高い接着力を実現し、虫歯の再発を防ぐことができます。

体にやさしい素材「セラミック」

セラミックは、天然の歯のように自然な見た目であるだけでなく、生体親和性が高いため、人間の体に優しい素材です。
例えば、プラスチックは歯ぐきに刺激を与え、赤く腫れてしまうことがあります。
また、金属製のクラウンは、腐食によって溶け出した成分を体内に吸収してしまうため、さまざまな体調不良を引き起こす可能性があります。
しかし、セラミックであれば、その心配はありません。親和性の高い素材なので、人工関節などの医療分野でも幅広い場面で使用されています。

最新鋭のセラミックシステム

虫歯治療からセラミック装着まで、ほとんどの場合、数時間で完了することができます。
見た目にも美しいセラミックの詰め物・被せ物をその場で設計・加工できるセレックシステムを導入しています。

患部を3D光学カメラで撮影し、パソコンの3D画面上で修復物を設計し、そのデータをもとにミリングマシンで作成します。
型取りの必要がないため、短時間で治療ができ、患者さんの体への負担も軽減できるという大きなメリットがあります。

世界中で導入された信頼と実績

欧米諸国を中心に、世界で約3万台のセレックが活躍しています。これまでになかった新しい治療法として、世界中の多くの歯科医院で採用されています。
20年間、全世界で1,000万症例以上の実績を持つ、安全で信頼性の高い歯科機器です。

マイクロスコープを用いた精密治療

ワンデイデンタルはでセレックシステムによるセラミック治療を特に得意としています。
従来の方法と異なり、型取りを必要としないため、より精密な修復技術が求められますが、当院では、肉眼では確認しにくい小さな虫歯を発見して除去することができます。

また、患者さんがいつまでも主訴で通院が長引く原因となっている歯の神経の治療も、より安全で確実に行うことができます。
歯科医院に通えない理由の一つに治療期間の長さがありますので、患者さんの負担ができるだけ少なくなるように、短期集中治療で長く良い状態を保つために利用しています。
どうぞ、お気軽にご相談ください。

セレック治療の流れ

1.古い詰め物や虫歯の除去

古い詰め物や虫歯の除去を行います。


2.歯の形を調整する

歯の形を整えます。


3.撮影

患部を光学カメラで撮影します。


4.デザイン

コンピューターで歯をデザインします。


5.削り出し

削り出しを行います。


6.完成

口腔内に装着して完成です!

よくある質問

どのくらいの時間がかかりますか?
虫歯を削ってセラミックを装着するのに、通常は数時間かかります。(※症例によっては1日でできない場合もあります)
長く使えますか?
金属製のものと違い、歯と一体化しているので長持ちしやすいです。(10年後の生存確率90~95%)
虫歯になりませんか?
セラミックは歯垢や細菌がつきにくいので、金属製のものに比べて虫歯になりにくいと言われています。
割れませんか?
自分の歯と同じ硬さと摩擦を持っているので、強い力が加わっても歯に負担がかからず、割れにくくなっています。
時間が経つと色が変わりますか?
セラミックはほとんど変色・着色しません。また、金属製の被せ物に見られる歯ぐきの黒ずみもありません。