Blog
SimPlant ACADEMY Conference Japan 2008
2009.07.21

SimPlant ACADEMY Conference Japan 2008

『SimPlant ACADEMY Conference Japan 2008』に参加してまいりました。

こんにちわ 東京都府中市の歯医者「ワンデイデンタル」です

当院では全てのインプラントケースにおいてCTを用いた3D解析を行い、オペに望んでおります。

7/20
CT読影及びシミュレーションの実践
1. グレイスケールの調整に基づいた下顎管の認識
2. 骨質に対する認識と配慮
3. インプラント埋入間隔
4. 下顎骨周囲の配慮すべき血管
5. 抜歯窩即時埋入の留意点
6. 上顎洞周囲の配慮すべき血管

7/21
1. 骨造成
2. リスク回避と適応症の拡大
3. インプラント手術に随伴する偶発症
4. 重度な骨喪失を伴う前歯部症例における審美的インプラント治療

インプラント表面がマシーンサーフェイスからラフサーフェイスに変わってからは初期固定はそんなに難しいことではなくなりました。そして、インプラントを咬合・審美の観点から適正な位置に埋入するため、骨造成、GBR等が主流を占めるようになりました。ここ最近はショートインプラント&傾斜埋入のEBMが確立し、より患者さんに優しい処置が主流になりつつあります。
日々進化するインプラントです。